ランドセルを購入するのはいつ?

来年から新一年生になるお子さんがいらっしゃると、
ランドセルのコマーシャルを目にするといつ買うべきが気になるものです。
どのくらいの購入時期がよいのか見ていきましょう。

よく、夏休みに帰省した時などに、祖父母に購入してもらうという話も聞かれます。
なかなか会うチャンスがない場合、こういうことはよくあるのですが、
ここで注意したいのがランドセルのカラーです。

「男の子は黒、女の子は赤」と決まっていたころと違い、
最近ではカラーバリエーションが豊富にそろっています。
女の子だからと言って明るい色とは限りませんし、以前にはなかったような色もあり
男の子も青や紺色とは限りません。

その時には「この色がいい」と選んだ色でも、半年以上も先になると
「別の色がよかった」ということになりがちです。

大人は「たった半年」と思いますが、子どもにしてみれば5年ほどの人生の中の半年です。
割合からしてみれば何年もたっているような感覚でしょう。
その時の思いつきでなんとなく決めてしまうと、もっと違うランドセルがよかった、
もっといろいろ見比べてから決めればよかったと後悔してしまうことがあります。

ただ子ども同士で話している間に、他の子が持っているものが
うらやましくなったりする時期です。
あまり早くから決めてしまうと、いざ背負う頃に違うものがよかったと
いうことになりかねません。

また祖父母の思いというものあって、親が思っているようなタイプのランドセルを選んで
もらえるとは限りません。
現在人気が高まっているのは、地方のカバンメーカーが手づくりのランドセルが製造している
工房系ランドセルというタイプです。

手づくりで本革で…といった特徴は、ある意味高齢の方にもアピールするかもしれませんが
祖父母の思いもあるでしょうから、なかなか思うようにいきません。
もちろん、希望が叶うのであれば祖父母に購入してもらうこともありでしょう。

ですが、早い時期にランドセルの購入を決めてしまうことは少々リスクが伴うこともあるのです。

なのでおススメは…
冬休みまでにどんな色がいいのか、機会があるごとに話し合っておきましょう。
また、学習机と同時にそろえると小学生になるということがイメージしやすいですし、
ランドセルを置く場所もきちんと決められるのでお勧めです。
家具店など同時に購入すると割引になる場合もあるのでチェックしてみましょう。

冬休みを過ぎると、店頭では人気のカラーがなくなっていたり品薄になっていたりする
場合があります。やはり秋~冬休みくらいの時期に、購入しやすいと思います。
ランドセルを見たり、背負って様子を見たりする中で、小学生になったらこんなことをしたいね、
こんなこともできるね、と具体的なイメージをお話ししてあげるとよいと思います。